自動車の事故には色々なものがありますが、案外起こりやすいものとして停車中に追突されることがあります。
このようなことは渋滞をしている時や信号待ちをしている時に発生しやすく、実は起こりやすい交通事故になっています。
では停車中の車の修理費はどうなるかというと、基本的に変なところに停めていなければ修理費はもらえます。
例えば相手の車線をふさぐように停めているなどのことをした場合は、こちらに非があるので賠償金をもらえないこともあります。
しかし普通に運転をしていて止まっている所に追突された場合は、相手が悪いのでお金をもらうことができます。
その時にどの程度まで修理費をもらえるかが重要になりますが、基本的には車の価値までしかお金はもらえません。
これは保険の制度がそうなっていて自動車の保険では、車の資産価値以上の修理費は支払わなくてよいことになっています。
そのため古い自動車に乗っていて追突をされた場合は、不十分な修理費用しか請求ができないこともあります。
ただ最近は保険会社も色々なプランを用意しているので、車の資産価値以上の修理費をもらえるケースも存在します。
具体的にどの程度お金をもらえるかは、相手の保険会社の担当者と相談をするといいです。
このようなケースは止まっている車にぶつかったわけですから、わかりやすい事故なのでいい条件で交渉をしてくれることが多いです。
また相手の保険会社との交渉をする時に、うまくお金を支払ってくれないこともあります。
そういう時は弁護士などの専門家に相談をすると、短時間で問題の解決ができるます。

 

弁護士に依頼するメリット(参考サイト:https://交通事故弁護士.top

・賠償金の増額が見込める

賠償金を算出する基準には3つあり、弁護士なら最も高い基準で請求することが可能です。

・不利な条件を防ぐ

保険会社は示談金を安くする傾向にあります。あなたが不利な条件にならないよう対応してくれます。

・手続きや保険会社との交渉を代理で行ってくれる

あなたが怪我を負い、病院に通院しながら各種手続きや保険会社との交渉を行うのは多大な労力が必要となりますが、弁護士なら代理人となってあなたの負担を減らしてくれます。